読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誰のためにもならなそうな落書き

絵が伝わりづらかったらドンマイ

本当の本当にこいつバカだな。星野源「働く男」を読んだ。

星野源のエッセイ本です。

本のまえがき部分の一文に共感し、買いました。


まえがき部分↓

働きたくない。
昔は違った。
働きつづけることが自分のアイデンティティだった。

本を読んで〜才能溢れる男じゃなかったの?〜

ドラマ 逃げ恥にどハマりして、星野源が好きになりました。


今まで星野源についてなにも知らなかったので、調べてみるとすごい奴で驚きました。「歌に芝居に執筆とマルチな才能が溢れる男」




完璧ミラクル人間か。





そんなイメージでこの本を読んだら、つくづくメディアの独りよがりな発信に少しうんざりしました。



だって全然違う。




星野源は「文書も、芝居も才能がない」と言われ、「歌は自信がなかった」。


でも、星野源はそれでも好きだからやりつづけてるんだと。

才能があるからやるのではなく、才能がないからやる、という選択肢があってもいいじゃないか。
そう思います。
いつか、才能のないものが、面白いものを創り出せたら、そうなったら、才能のない、俺の勝ちだ。


ここまでだと単に「一生懸命努力して勝ち上がってきた強かな男」なんですが、星野源はそんなカッコイイ男でもない。


だって、本には

"女の子を家に連れ込みたい"
って書いたり
急に"う◯こ"って
書き出したりと
欲望むき出しで、
卑猥な言葉もたくさんあって、
星野源の中身は中学生か、ってほど。


しまいには

星野源が9年前に書いた短編小説みたいなのがあって、夫婦の出来事を書いているんですけど、
コイツ全然、女のことわかってないなって思えるくらい、ツッコミどころ満載。




くだらなくてバカだなーって思うほど人間味をガンガン出してくる。



強かで真っ直ぐなくせに、欲望むき出しで穴だらけ。




……そんなんズルいわっっ。



もっと好きになってしまうよ。






…なにが言いたいことかと言うと、

女はつくづく真っ直ぐでバカな男を好きになってしまう、バカな生き物だなーと同時に実感した本でした。