読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誰のためにもならなそうな落書き

絵が伝わりづらかったらドンマイ

「3キロ走ろう」が、10キロ走れるようになってたこと

f:id:sa-31034:20170305130948j:image

 

今朝、近くの運動公園を10キロ走ってきた。

 

今日は天気が良くて、家の中でじっとしているのがもったいない気がしたから

 

3キロ程度走りにいくつもりだった

 

でも、昨日みたLALALANDのサウンドトラックを聴きながら走ってたらなんか楽しくなって

 

「もっともっと走りたい」

 

気がついたら10キロ走ってた

 

無理なく10キロ走れるなんて5年前の私じゃ考えられなかった

 

昔はランニング部の名ばかり部長だった

ランニングを始めたのは、4年前のこと。

 

ひょんなことからできた地元のランニング部で、まずはトラック800mを3周走った。

 

その時、私はそのランニング部の一応部長で。

でも1番走れなくて、1番遅刻も欠席も多かったやる気のない名ばかり部長だった。

 

4、5人くらいからはじまったこの部活も、多いときは10人くらいになった。

 

みんなでハーフマラソンの大会に出たこともあった。そのときも一緒に走ったメンバーの中で1番遅かった気がする。

 

でもガチの部活じゃなかったから、走るのは好きじゃなかったけど、メンバーと仲良くなったこともありダラダラと続けてた。

 

 

4年間続けて、やっと「走るって楽しい」と少しだけ思えた

f:id:sa-31034:20170305131028j:image

 

今年から、月一回は20キロを走っている。

 

相変わらずノロノロと走っているけど。昔からのランニング部のメンバーと喋りながら走るのだ。

 

この前、皇居を20キロ走り終えたとき

 

はじめて自然と「ああ、走るのって楽しい」と思えた。

 

それは、天気が良かったし、一緒に走ってるメンバーとの会話が盛り上がったのもあったし、その後食べにいく恒例のインドカレーが楽しみだったのもある。

 

でも、高いと感じていた「20キロ走る」という壁を

 

簡単にひょいっと超えられていたことが

 

とっても嬉しかったからだと思う。

 

唯一見つけた「続けられていること」

今まで 自分は継続力がないと思ってた

 

バイトも仕事も3年続いたことはない

 

あ、あと元彼とも

 

でもランニングだけは4年間続けられてる

 

あと3年走ったらフルマラソンも壁じゃないのかもしれない

 

あと5年走ったらホノルルマラソンにだってでてるかも

 

 

 

なんだかそんなこと考えてたら

 

楽しくなった

 

 

日曜日のお昼でした